「基礎からのiPhone SDK」を買いました

基礎からのiPhone SDK

著者/訳者:鶴薗 賢吾

出版社:ソフトバンククリエイティブ( 2009-04-23 )

定価:

大型本 ( 384 ページ )

ISBN-10 : 4797350504

ISBN-13 : 9784797350500



をごにょごにょ読んでいます.これまで出ているiPhone SDK関連の和書は
立ち読み等で一応チェックしてるけど,この本は個人的にイチオシです.

他の入門書ではあまり触れられていないけど知りたかったトピックや
Interface Builderの使い方についての丁寧な説明があって痒いところに手が届く感じ.
あと,クラス図やシーケンス図を使ってクラス間の関係や処理の流れをわかりやすく
解説しているのも好印象.

それと,

ユメみるiPhone ―クリエイターのためのiPhone SDKプログラミング

著者/訳者:徳井 直生

出版社:ワークスコーポレーション( 2009-05-11 )

定価:

Amazon価格:¥ 8,846

単行本 ( 208 ページ )

ISBN-10 : 486267058X

ISBN-13 : 9784862670588




という本も最近気になってます.

Amazonレビューでは微妙な感じですが,OpenALとOpen Sound Control(OSC)について
取り上げている章があるようで個人的に気になります.というか,今やっていることと若干かぶってる。。。
OpenALは情報が少なくてちょっと挫折しかけているので,内容次第では買ってしまうかも.

***********************************

実践OpenCV―映像処理&解析

著者/訳者:永田 雅人 豊沢 聡

出版社:カットシステム( 2009-05 )

定価:

Amazon価格:¥ 26,571

単行本 ( 275 ページ )

ISBN-10 : 4877832033

ISBN-13 : 9784877832032




OpenCVの日本語書籍第2号??
とりあえず,立ち読みしてみて気になった点を中立的な視点で書いてみます.

【良い点】
・機械学習が取り上げられている
・GLUTとの連携方法が紹介されている
・MFC との連携方法が紹介されている

【残念な点】
・OpenCV 1.1preを取り上げているのに,1.1preの追加機能にはあまり触れていない
・取り扱う開発環境はWindows,Visual Studioのみ
・DirectShowを使ったキャプチャの説明がない
(1.1preからはだいぶ敷居が低くなったと思うので。。。)
・アルゴリズムの説明がやや少ない

ということで,個人的にはOpenCV プログラミングブックよりも
初学者かつさくっと使いたい人向けという印象かなー.

PRMU Algorithm Contest 2009ちょっと応募してみたい

PRMU Algorithm Contest 2009のサイトってかなり前に公開されてたんですね。。。
学生の時に応募したいなーとは思ってたけど,結局応募しないままだったのが心残りでした.
これって所属とか抜きで個人で応募できたりとかしないかなー.

課題について,オブジェクトの特徴として形状,色を使ってやるのが
一番ベタな方法だと思うけど,差別化を図るにはいろんな方向から
考えないといけないんだろうな。。。

そもそも,人間はどうやってオブジェクトの識別とカテゴライズやってるんだろう.

**************************
参考になりそうなiPhoneアプリのオーディオ関連情報があったのでメモ.

【コラム】実践! iPhoneアプリ開発 (10) 楽器アプリの作り方 (1) | マイコミジャーナル
オーディオアプリ | footlooser

健康診断の結果が返ってきました

健康診断の結果が返ってきました.
普通に異常無し.まー,健康しか取り柄ないので。。。orz

この診断結果には,入社してからの3年分がまとまっているので
眺めてみたところ,入社時よりも2年で身長が1.5cm伸びているようです.
単純にこの伸びが継続すればあと3年で170cm台に到達??
反面,腹囲は昨年度より2cm減ってる。。。

あと,一番不可解なのが視力が毎年上がっている点.
入社時に比べると単純に2倍以上になってるんですけど。。。
自分の身体で何が起こってるのか科学的に解明して欲しい(苦笑)