Diffused Illuminationの続き書くつもりだったけど。。。

予告してたDiffused Illuminationの続きの記事書けませんでした.
あと,いつも思うんだけどFTIRの記事はちょこちょこ見かけても, Diffused IlluminationをGoogleで検索しても日本ではほとんどヒットしないよなぁ。。。とりあえず,自分はマイノリティを突き進む!!

******

話変わって,

インテル スレッディング・ビルディング・ブロック ―マルチコア時代のC++並列プログラミング

著者/訳者:James Reinders

出版社:オライリー・ジャパン( 2008-02-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 3,780

単行本 ( 360 ページ )

ISBN-10 : 4873113555

ISBN-13 : 9784873113555




を注文しました.

マルチコア化が進んでる中,これからスレッドセーフなプログラムを書ける技術者って求められるだろうと思い一時期やる気だったんですけど,「今のメインPCのCPUがシングルコア」 && 「英語の情報しかない」ということでなかなかやる気が出ず放置.でも,最近,日本語の書籍が出たのを知って即注文してしまいました(相変わらず英語嫌いな子。。。).休みにいろいろ一気に片付けないと.

[参考リンク]
Intel® Threading Building Blocks 2.0 for Open Source
インテル スレッディング・ビルディング・ブロック ― マルチコア時代のC++並列プログラミング

無題

最近,開発寄りの部署に配属されて正解だったかもなぁと思ってきました.
#面接のときはやたらと研究系がいい!とプッシュしてましたけど(苦笑)

何より製品に携われるのはうれしい.まぁ,研究っぽいことやりたけりゃ自分で時間作ってやればいいしね.
なので,守秘義務にとらわれず,アイデアを外に出せる方が自分には合ってるような気がしてきました.

ということで,これの実装もやってみたいし,Gainerで楽しげなものつくりたいし(この前のやつは自分でも手抜きだとわかってやってます),Diffused Illuminationでmulti touchのテーブル作りたい!!

やりたいことが多すぎて手がつきません。。。あと,ソフ開のリベンジも(以下略)