Windows SDKインストール

ダウンロード

ダウンロードページ から

6.2.6000.0.18.WindowsSDK_Vista_JPN_daily.DVD.Rel.img

をダウンロード.その後,

6.2.6000.0.18.WindowsSDK_Vista_JPN_daily.DVD.Rel.iso

にリネームし,isoを用いてインストール.

インストール

Visual Studio C++コンパイラのチェックを外してインストール.

以降,WindowsSDK@Momma's Wiki を参考にしながらインストールを行った.

Visual Studioのパス設定

インクルードファイルのディレクトリに

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Include
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\winui\tsfcompart

を追加

ライブラリファイルのディレクトリに

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\lib

を追加

[注意]
Vistaにも対応!Windows SDKをインストールする (UsefullCode.net) にもあるが,
インストール後に,「スタート」メニュー内できた「Windows SDK」メニューの「Visual Studio Registration」から
「Windows SDK と Visual Studio 2005 の統合」を実行すると,VC++ディレクトリのパス設定が
初期状態に戻ってしまうので,事前にパス設定を控えておくこと.

integrate_vs2005.png

BaseClasses?ビルド

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses\baseclasses.sln

を利用してビルド.

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses\Release_MBCS

にstrmbase.lib

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses\Debug_MBCS

にstrmbasd.libが生成されていることを確認する.

そして,ライブラリファイルのディレクトリに

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses\Debug_MBCS
C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses\Release_MBCS

を追加

BaseClasses?ビルド時の注意点

BaseClasses?のビルド時にエラーが出るので調べてみたところ, こちらのサイトにて,

Visual C++のインクルードファイルのディレクトリのパス設定で,

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Samples\Multimedia\DirectShow\BaseClasses

C:\Program Files\Microsoft SDKs\Windows\v6.0\Include

より上に設定するとよい

とあるため,試しにやってみるとうまくいった(インクルードの順番に依存?).

directshow.png


添付ファイル: fileintegrate_vs2005.png 402件 [詳細] filedirectshow.png 355件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-06-19 (木) 21:46:00 (3348d)