ChucK/Programmer's Reference

ChucK - [Programmer's Reference]の内容を日本語にしたものです.
※解釈が間違っている可能性があるので,参考にされる場合はその点ご了承ください.

Standard Libraries

version: 1.2.x.x (dracula)

namespace: Std

[使用例] 100~1000の乱数生成

Std.rand2f( 100.0, 1000.0 )


int abs ( int value );

  • 整数の絶対値を返す

float fabs ( float value );

  • 浮動小数点数の絶対値を返す

int rand ( );

  • 乱数(整数)を生成する

int rand2 ( int min, int max );

  • 乱数(整数)を生成する, 範囲:[min, max]

float randf ( );

  • 乱数(浮動小数点数)を生成する, 範囲:[-1, 1]

float rand2f ( float min, float max );

  • 乱数(浮動小数点数)を生成する, 範囲:[min, max]

float sgn ( float value );

  • 指定した値の符号を返す
    引数戻り値
    negative-1.0
    00
    positive-1.0

int system ( string cmd );

  • シェル上で実行されるコマンドを渡す

int atoi ( string value );

  • ascii文字列を整数に変換する

float atof ( string value );

  • ascii文字列を浮動小数点数に変換する

string getenv ( string key );

  • 環境変数keyの値を返す

int setenv ( string key, string value );

  • 環境変数keyの値をvalueにセットする

float mtof ( float value );

  • MIDI note numberを周波数(Hz)に変換する
    ※valueの型は浮動小数点であることに注意

float ftom ( float value );

  • 周波数(Hz)をMIDI note numberに変換する

float powtodb ( float value );

  • signal power ratioをデシベル値(dB)に変換する

float rmstodb ( float value );

  • linear amplitudeをデシベル値(dB)に変換する

float dbtopow ( float value );

  • デシベル値(dB)をsignal power ratioに変換する

float dbtorms ( float value );

  • デシベル値(dB)をlinear amplitudeに変換する

namespace: Machine

int add ( string path );

  • compile and spork a new shred from file at 'path' into the VM now
  • shred IDを返す
  • (example/machine.ck参照)

int spork ( string path );

  • addと同様

int remove ( int id );

  • shred IDによってVMからshredを取り除く

int replace ( int id, string path );

  • shredをファイルで指定した新しいshredに取り替える
  • shred IDを返す(エラーの場合は0を返す)

int status ( );

  • VMの現在の状態を表示する
  • (example/status.ck参照)

void crash ( );

  • VMをクラッシュさせる(注意して使用すること)


namespace: Math

[使用例] sin(pi/2)

Math.sin( pi / 2.0 )


float sin ( float x );

  • sin(x)を計算する

float cos ( float x );

  • cos(x)を計算する

float tan ( float x );

  • tan(x)を計算する

float asin ( float x );

  • asin(x)を計算する

float acos ( float x );

  • acos(x)を計算する

float atan ( float x );

  • atan(x)を計算する

float atan2 ( float y, float x );

  • atan(x/y)の主値を計算する

float sinh ( float x );

  • xの双曲線正弦を計算する

float cosh ( float x );

  • xの双曲線余弦を計算する

float tanh ( float x );

  • xの双曲線正接を計算する

float hypot ( float x, float y );

  • 原点と(x, y)のユークリッド距離を計算する

float pow ( float x, float y );

  • xのy乗の値を計算する

float sqrt ( float x );

  • xの平方根のうち負でない方の値を計算する(x >= 0でなくてはならない)

float exp ( float x );

  • eのx乗の値を計算する(eは自然対数の底)

float log ( float x );

  • xの自然対数を計算する

float log2 ( float x );

  • 底を2とするxの対数を計算する

float log10 ( float x );

  • 底を10とするxの対数を計算する

float floor ( float x );

  • xを越えない最大の整数値を(浮動小数点数として)返す

float ceil ( float x );

  • xを下回らない最小の整数値を(浮動小数点数として)返す

float round ( float x );

  • 最も近い整数値に丸める

float trunc ( float x );

  • 0に近い方の整数値に丸める

float fmod ( float x, float y );

  • xを yで割った浮動小数点剰余を計算する

float remainder ( float x, float y );

  • xをyで割った余りを計算する.返り値r = x - n * y.ここで n はx/yの値を最も近い整数に丸めたものである

float min ( float x, float y );

  • 2つの値のうち小さい値を返す

float max ( float x, float y );

  • 2つの値のうち大きい値を返す

int nextpow2 ( int x );

  • xの絶対値以上の最小の 2 のベキ乗数を返す

float isinf ( float x );

  • xが無限大であるかを判定する

float isnan ( float x );

  • xがNaN (非数) であるかを判定する

float pi;

  • (※現在無効のため,piを使用する)

float twopi;

  • (※現在無効)

float e;

  • (※現在無効のため,Math.exp(1)を使用する)

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-03-22 (日) 21:20:00 (4275d)