Top > OpenCV > Patch to enable capturing using DirectShow on OpenCV 2.3

OpenCV/Patch to enable capturing using DirectShow on OpenCV 2.3

概要

OpenCV 2.3からOpenCVのソースにVideoInputの実装が組み込まれるようになりました.
その影響からVisual Studio 2005とWindows SDKをインストールした状態で
WITH_VIDEOINPUTを有効にするとビルドエラーが出てしまいます.
このページではこの問題を回避する方法を紹介します.

こちらで配布されているOpenCV-2.3.0-win-src.zipを対象としたパッチです.

ダウンロード

VersionFilenameSizeDateTypeDownload
1.0highgui_dshow_capture_patch_v1.zip23.6 KB20110710ziphttp://www.atinfinity.info/opencv/extension/highgui_dshow_capture_patch_v1.zip

変更履歴

VersionDate変更内容
1.020110710新規作成

内容物

  • cap_dshow.cpp
    OpenCV 2.3でDirectShowによるキャプチャを有効にするパッチ

変更内容

  • OpenCV内部にあるdshowディレクトリのヘッダを参照しないように変更
  • _MSC_VERが1400(=VS2005)以上であればWindows SDKのヘッダを参照するよう変更

使い方

  1. 上記リンクからhighgui_dshow_capture_patch_v1.zipをダウンロードして展開します.
  2. 展開したファイル(cap_dshow.cpp)を下記ディレクトリにコピーして下さい.
    OpenCV-2.3.0\modules\highgui\src
  3. CMakeでWITH_VIDEOINPUTを有効にしてビルドしてください.

Contact

間違い・御指摘等ありましたら,

mail.png

までメールにてご連絡ください.


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 10 Jul 2011 03:42:43 JST (2090d)