Android/Usage of vs-android

vs-androidとはAndroid NDKによる開発をVisual Studioで行えるようにするものです.
現時点の動作環境についてはvs-androidのFeaturesを参照ください.
※2012/1/8時点ではVisual Studio 2010でしか利用できないようです.

以降の説明は,公式サイトのインストール説明を参考に記述しています.
※編集中のため,加筆修正する可能性があります.

vs-androidインストール

  1. ダウンロードページからvs-android-0.93.zipをダウンロードする.
  2. vs-android-0.93.zipを展開する.
  3. ここでは展開後に下記のように配置する.
    C:\android\vs-android-0.93
  4. 下記ディレクトリにあるinstall.cmdを右クリックして,「管理者として実行」を選択する.
     C:\android\vs-android-0.93\MSBuild

Android SDKセットアップ

  1. Android SDKにはJDKが必要なため,公式サイトからx86 JDKをダウンロードしてインストールする.
  2. Android SDK公式サイトからandroid-sdk_r16-windows.zipをダウンロードする.
  3. android-sdk_r16-windows.zipを展開する.
  4. ここでは展開後に下記のように配置する.
    C:\android\android-sdk-windows
  5. 環境変数「ANDROID_HOME」にAndroid SDKのパス(前述のパス)を設定する.
  6. コマンドプロンプトから環境変数を設定する場合,以下のコマンドを実行してもよい.
    setx ANDROID_HOME C:\android\android-sdk-windows
  7. C:\android\android-sdk-windows\SDK Manager.exeを実行して,必要なツールを入れる.
  8. SDK Manager.exeのメニュー「Tools」-「Manage AVDs...」を選択する.
  9. 「New」ボタンを押し,以下のように設定して「Create AVD」ボタンを押す.
    NameAVD4.0.0
    TargetAndroid 4.0.0 - API Level 14
    SnapshotEnable

Android NDKセットアップ

  1. Android NDK公式サイトからandroid-ndk-r7-windows.zipをダウンロードする.
  2. android-ndk-r7-windows.zipを展開する.
  3. ここでは展開後に下記のように配置する.
    C:\android\android-ndk-r7
  4. 環境変数「ANDROID_NDK_ROOT」にAndroid NDKのパス(前述のパス)を設定する.
  5. コマンドプロンプトから環境変数を設定する場合,以下のコマンドを実行してもよい.
    setx ANDROID_NDK_ROOT C:\android\android-ndk-r7

Antセットアップ

  1. 公式サイトからapache-ant-1.8.2-bin.zipをダウンロードする.
  2. apache-ant-1.8.2-bin.zipを展開する.
  3. ここでは展開後に下記のように配置する.
    C:\android\apache-ant-1.8.2
  4. 環境変数「ANT_HOME」にAntのパス(前述のパス)を設定する.
  5. コマンドプロンプトから環境変数を設定する場合,以下のコマンドを実行してもよい.
    setx ANT_HOME C:\android\apache-ant-1.8.2

サンプルプログラムの実行

  1. ダウンロードページからvs-android_samples.zipをダウンロードする.
  2. vs-android_samples.zipを展開する.
  3. ここでは以下のプロジェクトを例に挙げる.
    vs-android_samples\bitmap-plasma
  4. 今回は「Android 4.0.0 - API Level 14」をターゲットとするため,vs-android_samples\bitmap-plasma\AndroidApk?\project.propertiesを下記のように編集する.
    target=android-14
  5. 下記のslnファイルをVisual Studio 2010で開く.
    vs-android_samples\bitmap-plasma\bitmap-plasma.sln
  6. bitmap-plasmaプロジェクト設定画面から構成を以下のように設定する.
    Target Android API LevelAndroid 4.0 (API Level 14)
    Target architechtureARM architechture v7-a (armv7-a)
  7. C:\android\android-sdk-windows\SDK Manager.exeを実行する.
  8. SDK Manager.exeのメニュー「Tools」-「Manage AVDs...」を選択する.
  9. 前述の説明で作成した「AVD4.0.0」を選択して,「Start」ボタンを押す.
  10. 「Launch」ボタンを押すとエミュレータが起動する(※起動までに数分かかります).
  11. Androidエミュレータが起動して,ホーム画面になったのを確認してからbitmap-plasma.slnをビルドする.
  12. 以下の画像は実行時のスナップショットです.

    vs-android-sample-20120108.png



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-08 (日) 21:01:00 (1998d)